2020年11月22日(日) マイルチャンピオンシップ 出馬表のシナリオ解読

2020年11月22日(日)  大安



レース前から既に伝説となりつつある来週のジャパンカップを前に、

霞んでしまうかと思いきや、こちらも激熱のマイルチャンピオンシップです。

実績から格付けすれば、

トップクラスは安定感から、

グランアレグリア、サリオス、レシステンシア

続くのが

アドマイヤマーズ、インディチャンプ、ラウダシオン

これらに割って入るのは至難の業ともいえそうだが、

阪神芝1600mに望みを託せそうな馬が

タイセイビジョン、サウンドキアラ、ペルシアンナイト、ヴァンドギャルド

と、外枠に固まった。

さてさて、出馬表はどんな出来具合だろうか?



唯一の3歳牝馬  1枠

唯一の斤量54キロの馬  1枠

唯一頭の前走GⅠ2着馬  1枠

唯一の前走GⅠ1着馬  2枠

前走富士S3着馬・2着馬が2枠・3枠を囲い込み  2枠、3枠

重賞勝ちはGⅠNHKマイルカップの1勝のみの馬が2枠・3枠を囲い込み  2枠、3枠

2頭だけのGⅠ3勝馬が3枠をサンドイッチ  2枠、3枠、4枠

2018年の朝日杯FS3着馬・1着馬が3枠をサンドイッチ  2枠、3枠、4枠

前走芝1600m戦出走馬だけの枠は一つだけ  3枠

2頭だけの前走GⅢ(しかも芝1600m)出走馬が3枠・4枠・5枠を囲い込み  3枠、4枠、5枠

2頭だけの前走芝1600mタイム1分35秒1の馬が3枠・4枠・5枠を囲い込み  3枠、4枠、5枠

唯一の海外GⅠ勝ち馬  4枠

2頭だけの前走2番人気3着馬が同居  4枠

前走スワンS3着馬・1着馬が8番をサンドイッチ  4枠、5枠

前走スワンSの馬番2番・4番が今回も1頭おいた馬番  4枠、5枠

唯一の前走2桁人気での1着馬  5枠

GⅠ馬のいない枠が並ぶ  5枠、6枠、7枠

7頭のGⅠ未勝利馬(初挑戦の1番・5番除く)が固まる  5枠、6枠、7枠、8枠

唯一の11月2戦目の馬  6枠

唯一の前走芝1600m戦出走馬のいない枠  6枠

唯一頭の前走天皇賞(秋)出走馬  6枠

唯一頭の前走芝2000m戦出走馬  6枠

前走GⅠ出走馬が同居する枠は一つだけ  6枠

前走GⅡ出走馬がいない枠は一つだけ  6枠

斤量57キロの馬のいない枠が並ぶ  6枠、7枠

唯一前4走の馬体重の増減が2キロ以内の馬  7枠

前走富士Sの馬番2番・5番が今回も2頭おいた馬番  7枠、8枠

昨年の朝日杯FS2着馬・1着馬が7枠・8枠を囲い込み  7枠、8枠

唯一の6歳馬  8枠

唯一頭の前走毎日王冠出走馬  8枠

唯一頭の前走芝1800m戦出走馬  8枠

前走1着馬が同居する枠は一つだけ  8枠



6枠が9項目。切りたいところだが押さえたほうが良いのか?

続いて4枠が8項目。軸はここか。

阪神1600の適正はGⅠ勝ちがあるアドマイヤマーズの方が上とみるが・・・

あとは8枠3頭に食指が動く。

結果や如何に。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント