2020年11月1日(日)  天皇賞(秋)  出馬表のシナリオ解読

2020年11月1日(日)  赤口



頭数が揃いませんでしたね。

サリオスや

サートゥルナーリア

ワールドプレミア

カレンブーケドール

ラヴズオンリーユー

ラッキーライラック

などの在厩馬が出走していたら

予想はもっと楽しかったと思います。



それでは天皇賞(秋)の出馬表解読をどうぞ。



唯一の関西馬・関東騎手のコンビ 2枠

4人だけの関東騎手が並ぶ 2枠、3枠、4枠、5枠

関西馬のいない枠が並ぶ 3枠、4枠、5枠

2頭だけの4歳馬が5枠をサンドイッチ 4枠、5枠、6枠

唯一の海外GⅠ2勝馬 5枠

唯一の前走1番人気1着馬 5枠

前走芝3200m戦出走馬は1頭だけ 5枠

GⅠ未勝利馬のいない枠 5枠、6枠

2頭だけの前走1着馬が並ぶ 5枠、6枠

2頭だけの前走GⅠ1着馬が並ぶ 5枠、6枠

2頭出しの馬主サンデーレーシングの馬が並ぶ 5枠、6枠

4頭だけの前走1番人気馬が固まる 5枠、6枠、7枠

宝塚記念の1・2着馬が同居 6枠

唯一関東馬のいない枠 6枠

唯一関西馬・関西騎手だけの枠 6枠

唯一デビュー以来同じ騎手が乗り続けている馬 6枠(7番)

唯一頭の前走2番人気馬 6枠(7番)

前走2番人気1着馬は1頭だけ 6枠(7番)

唯一の前走斤量57キロの馬 6枠(8番)

唯一の前走から斤量+1キロの馬 6枠(8番)

前走芝2400m戦出走馬は1頭だけ 6枠(8番)

3頭だけの牝馬が固まる 6枠、7枠

3頭だけの斤量56キロの馬が固まる 6枠、7枠

2頭だけの前走1番人気2着馬が並ぶ 6枠、7枠

唯一の総賞金10億円超の馬 7枠(JRAの出馬表による)

唯一頭の前走GⅠ2着馬 7枠

唯一の3勝馬 7枠

唯一の前走3着馬 7枠

唯一頭の前走GⅢ3着馬 7枠

前走1番人気3着馬は1頭だけ 7枠

昨年の1・2着馬が10番をサンドイッチ 7枠、8枠

前走GⅡ出走馬のいない枠が並ぶ 7枠、8枠

2頭だけの前走GⅢ出走馬が11番をサンドイッチ 7枠、8枠

唯一の今年海外遠征した馬 8枠

唯一の重賞未勝利馬 8枠

唯一の総賞金1億円未満の馬 8枠(JRAの出馬表による)

唯一頭の前走GⅢ2着馬 8枠

前走芝2000m戦出走馬は1頭だけ 8枠

などなど・・・



アーモンドアイの7枠の強さ以上に、

「宝塚記念の1・2着馬同居」を筆頭に、

6枠の強さが際立っています。

3週連続の歴史的偉業(史上初の芝GⅠ8勝目)も見たいのですが、

アーモンドアイを負かすとすれば、

クロノジェネシスでしょうか?

キセキでしょうか?

春の2000mGⅠ大阪杯に続いてここも牝馬の一騎打ちとなるのか。

或いはアーモンドアイの偉業達成なら、

6枠の宝塚記念1・2着馬が太刀持ち露払いを務めるシナリオも。



他では5枠、8枠が続いています。



「赤口」要素も6枠クロノジェネシスに追い風。

コーディネイトも緑帽6枠キセキの勝負服に緑色が。



6枠が馬券にならないなんて私には考えられませんが、

結果や如何に・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント