劇的なる競馬

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日「関屋記念」診断

<<   作成日時 : 2010/08/05 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10・08・08(日)先負
関屋記念        軸馬診断

展開とペース
レッツゴーキリシマが逃げる事になりそうだが、フサイチアウステルがハナ
にこだわって来ると必然的にペースは速くなる。これにタマモナイスプレイ、
フローライゼ等が番手争いに加わる様だと舞台が軽い新潟の馬場だけに
暴走ペースになる可能性もある。レッツゴーキリシマの逃げにフサイチアウ
ステル以下がおとなしく従うという展開はイメージしにくい。直線659mの
外回りでもあり、差し追込み勢の白熱した叩き合いが見られそうだ。

軸馬資格
1.休み明け(中12週以上)でない、
2.前走オープン特別以上で掲示板(5着以内)、
3.今回と同斤以上のオープン特別以上で掲示板の好走歴がある、
4.人気馬(単勝10倍未満)である。

  斤量実績は芝の古馬オープン特別以上が対象(例外は明記)。
  1・2・3・4,5着・着外

馬名           「診断 軸馬度 予想人気」

セイクリッドバレー   「診断 △ 予想1番人気」
前走6・13GVエプソムカップ56キロ0.1秒差4着。
56キロ0・1・0・3・0   GV新潟大賞典0.2秒差2着、
              GU中山記念0.8秒差4着・
              GVエプソムC0.1秒差4着、
              GVダービー卿CT0.4秒差5着。
56キロ3歳戦0・1・0・1・2  GUセントライト記念0.1秒差2着、
                GUスプリングS0.3秒差5着、
                GV京成杯0.2秒差6着、
                GU青葉賞0.9秒差7着。
オープン 新潟0・1・0・0・0   GV新潟大賞典56キロ0.2秒差2着。
〃 1600m 0・0・0・1・0   GVダービー卿CT56キロ0.4秒差5着。
条件戦新潟2・0・0・2・0   1000万下1着(2000m)、未勝利1着(1600m)。
〃 1600m 1・0・0・2・0   未勝利1着(新潟)。
2000mOP   0・1・0・0・0   GV新潟大賞典56キロ0.2秒差2着。
2000m3歳OP 0・0・0・0・1   GV京成杯56キロ0.2秒差6着
2000m2歳OP 0・0・1・0・0   OPホープフルS55キロ0.6秒差3着。
2000m条件戦 1・1・0・0・0
2200m3歳OP 0・1・0・0・0   GUセントライト記念56キロ0.1秒差2着。
2200m条件戦 1・0・0・0・0
診断  軸馬資格クリア。マイル戦は未勝利を勝っただけであり、距離的に
     は2000m〜2200mがベストの馬。大崩れはしないだろうが、良く
     頑張って小差の惜しい4〜5着、というイメージが浮かぶ。




キャプテンベガ     「診断 △ 予想2番人気」
前走6・13GVエプソムカップ56キロ  差3着。
56キロ0・4・4・3・4   GV東京新聞杯0.2秒差2着・
              OPキャピタルS0.1秒差2着・
              OP都大路Sクビ差2着・
              OPカシオペアSクビ差2着、
              GVエプソムCハナ差3着('10)・
              GVエプソムC0.5秒差3着('09)・
              GV朝日チャレンジC0.2秒差3着・
              OPアイルランドT0.1秒差3着、以下略。
57キロ0・1・0・1・4   OP大阪城S0.4秒差2着、
              OPファイナルS0.5秒差5着
55キロ0・0・0・1・0   GV七夕賞0.3秒差4着。
オープン 新潟0・0・0・1・0   GV関屋記念56キロ0.6秒差5着('09)。
〃 1600m 0・3・0・3・3   GV東京新聞杯56キロ0.2秒差2着・
                 OPキャピタルS56キロ0.1秒差2着・
                 OP都大路S56キロ クビ差2着、以下略。
条件戦新潟0・0・0・0・0
〃 1600m 2・1・0・0・0  1000万下1着、500万下1着。
オープン1800m0・2・2・0・4   OP大阪城S57キロ0.4秒差2着・
                   OPカシオペアS56キロクビ差2着、
                   GVエプソムC56キロハナ差3着('10)・
                   GVエプソムC56キロ0.5秒差3着('09)。
オープン2000m0・0・2・2・1   GV朝日チャレンジC56キロ0.2秒差3着・
                   OPアイルランドT56キロ0.1秒差3着、
                   GV七夕賞55キロ0.3秒差4着、
                   OP福島民報杯56キロ0.2秒差5着。
オープン1600m56キロ0・3・0・2・2 
オープン1600m57キロ0・0・0・1・1
診断  軸馬資格リア。新潟は昨年のGV関屋記念5着があるのみ。今回も
     馬券絡みは五分五分といった所。軸馬抜擢は出馬表の出来次第。




スピリタス        「診断 ? 予想3番人気」
前走6・5準オープン湘南ステークス57キロ0.2秒差1着。
56キロ0・0・0・0・0  オープン初。
58キロ準オープン 0・1・0・0・0 (1600m)。
57キロ準オープン 1・3・2・1・0 (1600m1・1・1・1・0)。
56キロ準オープン 0・0・0・1・0
55キロ準オープン 0・0・0・0・1
54キロ準オープン 0・1・0・0・0
条件戦新潟 0・1・0・0・0   1000万下2着(1800m)。
〃 1600m 3・4・1・2・0   準オープン1着、1000万下1着、未勝利1着。
診断  2.に該当せず。3.が未知数。今回の準オープン勝ちは再昇級での
     準オープン勝ちで、58キロで1戦、57キロで6戦、すべて3着以内
     の成績で、7戦目にして待望の勝利を挙げた。前回の準オープン時
     は54〜57キロでそれぞれ1戦ずつ走り、54キロでの2着があった
     だけで降級し、明らかに地力強化前だった。準オープンを勝ち上が
     るのに7戦を要した事を考えると過大な評価はできないが、漸く本格
     化なったと見ることは可能な上に、勝ち抜けるのに時間が掛ったの
     は相手なりに走るタイプだからという事も考えられる。オープン昇級
     初戦も相手なりに走っての2〜3着が有り得るかも知れない。前走の
     勝ち時計は翌日のGT安田記念と同タイムである。




タマモナイスプレイ   「診断 △ 予想4番人気」
前走7・4オープン米子ステークス55キロ0.2秒差1着。
56キロ0・1・0・0・3  OP六甲S0.3秒差2着('10・03)。
57キロ0・0・0・0・2
55キロ1・0・0・0・3  OP米子S0.2秒差1着('10・07)。
オープン 新潟0・0・0・0・1   GV関屋記念56キロ0.7秒差8着。
〃 1600m 1・1・0・0・5   OP米子S55キロ0.2秒差1着('10・07)、
                 OP六甲S56キロ0.3秒差2着('10・03)、
                 6・6・6・6・8着。
条件戦新潟0・0・0・0・0
〃 1600m 1・1・2・0・2  1000万下1着。
診断  軸馬資格クリア。昨年のGV関屋記念がオープン昇級初戦だった。
     それから1年、1400mでは芝・ダートともに二桁着順に敗退してい
     るが、1600mでは悪くても8着で、今年に入ってからは馬券絡み
     できるまでに力を付け、前走では遂にオープン初勝利を挙げた。
     今回は格・斤量がともに1段上がり、56キロを背負ってのGVだ。
     ここまで同じ56キロのGVは以下の3戦。
       '09・08・09GV関屋記念56キロ0.7秒差8着(1600m)
       '09・09・13GV京成杯AH56キロ0.3秒差6着(1600m)
       '10・02・28GV阪急杯56キロ1.1秒差11着(1400m)
     力を付けた今、1600mなら何とかなりそうな気もする(3着以内と
     いうことだが)。




マイネルクラリティ   「診断 △ 予想5番人気」
前走7・4オープン米子ステークス55キロ0.2秒差3着。
56キロ0・0・0・0・1    OP六甲S1.6秒差14着。
55キロ0・0・1・0・0    OP米子S0.2秒差3着。
56キロ3歳戦0・0・0・0・2  GV共同通信杯1.2秒差8着(1800m)、
                GU青葉賞1.7秒差11着(2400m)。
オープン 新潟0・0・0・0・0  初。
〃 1600m 0・0・1・0・1  OP米子S55キロ0.2秒差3着。
条件戦新潟0・0・0・0・0
〃 1600m 3・0・0・0・0  準オープン1着、準オープン1着、1000万下1着。
診断  3.に該当せず(1戦のみの経験)。近4走の成績が以下の通り。
       03・07準OP武庫川S55キロ0.3秒差1着。
       03・21OP  六甲S56キロ1.6秒差14着。
       06・19準OPストークS56キロクビ差1着。
       07・04OP  米子S55キロ0.2秒差3着。
     短期間の間に昇級、降級、再昇級を経験して来た。最初の昇級で
     は初戦を二桁に大敗したのを受け、降級を待つかの如く中12週の
     間隔を開け、降級した第1週の3回阪神初日に登場するとストークS
     を快勝し、見事1戦で降級戦を勝ち抜けて来た。その勢いを持ち込
     んだ再昇級初戦のOP米子Sでは、出遅れてしまい致命傷になる所
     であったが、待機することなく位置取りを回復しながらレースを進め
     て行った。なし崩しに脚を使わされる展開にも見えたが、脚色は最
     後まで衰えることなく3着に追込み、3ヵ月半前のOP六甲Sとは見
     違える走りを見せた。今回はタマモナイスプレイと同様、格、斤量が
     一段ずつ上がり56キロのGVで重賞初挑戦となるが、息の長い脚
     を見せた前走の走りはやはり侮れない。新潟の速い時計に対応で
     きるかが一応の課題だが、新潟の場合速いタイムが必ずしも高い
     レベルには結びつかないので、太刀打ちできる範囲内ではないだ
     ろうか。




マルカシェンク     「診断 ? 予想6番人気」
前走7・4オープン米子ステークス57キロ0.4秒差5着。
58キロ0・0・0・0・2   GV鳴尾記念1.8秒差14着、
              GT安田記念1.6秒差17着。
57.5キロ0・1・0・0・1   GV京都金杯0.3秒差2着、
              GV新潟記念0.2秒差9着。
57キロ0・1・0・2・8   GV小倉大賞典0.2秒差2着、以下略。
56キロ1・1・0・1・3   GV関屋記念0.2秒差1着('08)、
              GV富士Sハナ差2着、以下略。
55キロ1・1・0・1・0   OPニューイヤーS0.1秒差1着、
              GV鳴尾記念0.1秒差2着、以下略。
オープン 新潟1・0・0・0・2   GV関屋記念56キロ0.2秒差1着('08)、
                 GV関屋記念57キロ1.4秒差16着('09)、
                 GV新潟記念57.5キロ0.2秒差9着('09)。
〃 1600m 2・2・0・2・9   GV関屋記念56キロ0.2秒差1着('08)、
                 OPニューイヤーS55キロ0.1秒差1着、
                 GV富士S56キロ ハナ差2着、
                 GV京都金杯57.5キロ0.3秒差2着、以下略。
2歳OP1600m1・0・0・0・0  GUデイリー杯2歳S55キロ0.3秒差1着。
条件戦新潟0・0・0・0・0
〃 1600m 0・0・0・0・0
診断  3.に該当せず。55〜56キロならかなり当てになるが、57キロ以上
     となると、とても軸馬とはいかない。58キロではノーマークで良いの
     では。




レッツゴーキリシマ   「診断 ? 予想?人気」
前走11・21GV福島記念56キロ0.5秒差7着。
56キロ1・0・0・0・2   OPカシオペアS0.4秒差1着。
              GV福島記念0.5秒差7着、
              GU阪神C0.6秒差10着。
55キロ0・0・1・2・1   GV中京記念0.2秒差3着、
              GV小倉大賞典0.2秒差4着・
              OPキャピタルS0.2秒差4着。
54キロ0・0・0・1・0   GV富士S0.3秒差5着。
53キロ0・1・0・0・0   GV京成杯AH0.2秒差2着。
オープン 新潟0・0・0・0・0   初。
〃 1600m 0・1・0・2・1   GV京成杯AH53キロ0.2秒差2着、
                 OPキャピタルS55キロ0.2秒差4着。
                 GV富士S54キロ0.3秒差5着。
                 GVダービー卿CT55キロ0.5秒差13着。
3歳OP1600m0・0・0・0・1  GTNHKマイルC57キロ1.5秒差9着。
2歳OP1600m0・1・0・0・0  GT朝日杯FS55キロ0.4秒差2着。
条件戦新潟0・0・0・0・0
〃 1600m 0・0・0・0・0
鉄砲実績1・1・0・0・0 GV京成杯AH53キロ0.2秒差2着(08・09・14)、
 (全キャリア)     準OPレインボーS57キロ0.1秒差1着(09・09・13)。
診断  1.2.に該当せず。おそらく4.に該当せず。3.もOP特別と重賞と
     の間には少々厚い壁が有る様だ。逃げる事は出来そうだが、スロー
     に落とせるかどうかは同型馬の出方次第。どうやら望み薄の様だ。
     



リザーブカード     「診断 ? 予想?人気」
前走4・4GVダービー卿チャレンジトロフィー56キロ0.7秒差7着。
56キロ0・3・0・4・5   GV富士Sクビ差2着('08)・
              GV関屋記念0.2秒差2着・
              OP東風S0.3秒差2着('08)、以下略。
58キロ0・0・0・0・1   GT安田記念14着。
57キロ0・0・1・0・5   GU阪神C0.1秒差3着、以下略。
56.5キロ0・0・0・1・0   GVダービー卿CT0.2秒差5着('09)。
55キロ0・0・0・1・0   GVダービー卿CT0.2秒差4着('08)。
オープン 新潟0・1・0・0・0  GV関屋記念56キロ0.2秒差2着(1600m)。
〃 1600m 0・3・0・6・10  上記参照。
3歳OP1600m0・0・0・1・0 GUニュージーランドT56キロ0.4秒差5着。
条件戦新潟0・1・0・0・0  1000万下2着(1600m)。
〃 1600m 2・1・2・0・0  準オープン1着、500万下1着。
中12週以上鉄砲0・1・0・1・0  GV関屋記念56キロ0.2秒差2着、
 (オープン昇級後)       GV富士S56キロ0.1秒差4着('09)。
中8〜11週鉄砲 0・0・0・1・0  GVダービー卿CT56.5キロ0.2秒差5着('09)。
 (オープン昇級後)
診断  1.2.に該当せず。3.も苦戦。おそらく4.に該当せず。まず、ほと
     んどなさそうだが、一昨年の関屋記念がそうだった様に、悪くはなさ
     そうな新潟1600mと鉄砲を好走条件に、まさかの3着を一応警戒?




さらに、新潟の鬼かもしれない馬としてエフティマイアとフローライゼを名前だ
け挙げておきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜日「関屋記念」診断 劇的なる競馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる