劇的なる競馬

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日「新潟記念」結果

<<   作成日時 : 2010/08/31 18:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10・08・29(日)友引
新潟記念        結果

リプレイ
予想通りテイエムプリキュアが逃げイケドラゴンが2番手で、3ハロン36秒2、
5ハロン60秒6のスローペースを作り出した。が、ともに今回は、逃げ残れる
程ハンデが軽くはなかった。3番手の内にサンライズベガ、外にナリタクリス
タルが並走。あとはスリーオリオン、バトルバニヤン、ホワイトピルグリムなど
が続いた。スローペースだけにこの辺までの馬が流れ込む結末も予想され
た。メイショウベルーガは中団馬群、スマートギアは後ろから3番手の、共に
最内で我慢。アドマイヤオ−ラはドモナラズと最後方の内外を併走。3コーナ
ーに入るとメイショウベルーガがズルズルと最後方近くまで後退。直線を向い
て残り500m程でばらけた所を外に持ち出した。前では、直線を向いた所で
イケドラゴンが先頭に立ち、残り200m手前まで先頭で頑張った。その後ろ
からサンライズベガとナリタクリスタルが抜け出しを図るが、スリーオリオン、
バトルバニヤン、トウショウシロッコも差を詰めて、次第に横一線の争いに。
スマートギアは馬群の空いた所を突こうと狙っている。最後は1〜3着同タイ
ム、4〜6着0.1秒差の激戦になったが、スローを先行できたナリタクリスタ
ル1着、サンライズベガ3着となり、4着メイショウベルーガ、6着スマートギア
は内枠とスローの二重苦に泣いた。1〜6番人気が7着までに入る中、10番
人気と人気の盲点になっていたトウショウシロッコが、9番手追走から2着に
差し込んだ。

『    SS馬券      パズルマにて公開!
     エントリー馬券    〃
     六曜馬券       〃
     出馬表馬券      〃          』

馬名           「診断 軸馬度 予想人気」
枠番馬番        「予想 軸馬度」
              「結果 着順 最終人気」

サンライズベガ     「診断  予想4番人気」
3枠5番         「予想 
              「結果 3着 4番人気」 
結果  直線に向いてから、なかなか後続との差を広げられなかったが、
     最後は良く3着を守り切った。前走の小倉記念とは、ペースの違
     いでこの結果を得る事が出来た。今後もハンデ(斤量)とペース
     次第で、好走と小差負けを繰り返すのだと思う。




アドマイヤオーラ    「診断  予想3番人気」
6枠12番        「予想 
              「結果 17着 9番人気」
結果  前走除外の影響は大きかった様だ。出来るなら万全になるまで使っ
     て欲しくはなかった。幸いにも今のところ馬体に異常はない様だが、
     競走中の事故を防ぐ為にも、馬券を買うファンの為にも、無理使いは
     して欲しくない。




スマートギア      「診断  予想1番人気」
2枠4番         「予想 
              「結果 6着 1番人気」
結果  追込み馬にとって動きにくい内枠とスローペースはやはり苦しかっ
     た。3着までクビ+クビ+ハナ差。勝ち馬はあとアタマとクビの先に。
     僅差とはいえ、こうなる可能性が高いこともレース前に予想出来て
     いた。真ん中より外目の枠、平均ペース以上と、好走条件が整った
     時は、また軸馬の役目を果たしてくれるだろう。




ナリタクリスタル    「診断  予想5番人気」
4枠8番         「予想 取り上げず
              「結果 1着 5番人気」
結果  予想以上に積極的な競馬。出たなりでサンライズベガの外に並ぶ
     と、直線向くまで3番手を無理なく淡々と追走。直線の追い比べで
     は、余計な力を使わずにこのポジションで追走出来たアドバンテー
     ジが最大限に生きた。展開、ペースを味方に重賞初制覇。




トウショウシロッコ   「診断 取り上げず」
3枠6番         「予想 取り上げず」
              「結果 2着 10番人気」
結果  過去2度の叩き2戦目は、共に二桁着順と言う実績だった。昨年も
     七夕賞4着からの叩き2戦目で、直線入り口10番手あたりから33
     秒3で上がりながら12着に負けていた。テンの5ハロンが61秒8と
     いう今年以上のスローペースで、32秒台や33秒フラットなど、本馬
     より速い脚で上がる馬が多数出現した。比べてみれば昨年も今年
     位は走っていた訳で、ペースの違いから来る他馬の上がり時計の
     差により、相対的な順位が違って来た様だ。ペースの違いが如何に
     結果を左右するか、再認識させられた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜日「新潟記念」結果 劇的なる競馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる