劇的なる競馬

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日「レパードステークス」診断

<<   作成日時 : 2010/08/20 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10・08・22(日)先勝
レパードステークス  軸馬診断

展開とペース
ピカンチラヴ、プレシャスジェムズ、ブレイクチャンス、と逃げ(たことのある)馬
がいるが、好成績は逃げた時に限られるのがピカンチラヴで、他の2頭は逃
げずに勝ったことがある。先手を取りたいのはピカンチラヴだろう。他の2頭
がどう出るかだが、ハナにはこだわらないと思うので、ペースはそれほど速
くはならず、平均ペースで流れると見る。逃げ馬、二番手、三番手には37秒
台、それより後ろの馬には36秒台〜35秒台の上がりが必要となるだろう。

斤量実績、基礎脚力(上がりタイム)、持ち時計はダートの全キャリアが対象。

馬名           「診断 軸馬度 予想人気」
              展開=3角-4角(通過順)

ミラクルレジェンド    「診断 ○ 予想1番人気』
前走7・14交流GTジャパンダートダ−ビー54キロ0.1秒差4着。
54キロ2・0・0・1・0  3歳1000万下あおぎりS0.2秒差1着・
              3歳500万下平場0.2秒差1着、
              交流GTジャパンダートダ−ビー0.1秒差4着。
基礎脚力  36秒5  タイム1分52秒9  1着
      5・8 3歳500万下平場 京都1800mダ 稍重 展開3-3
        (36秒3  レコード1分47秒8  レコード時)
        (37秒0  レコード1分52秒6  2歳レコード時)
        36秒6  (二番時計 1800mダ 稍重)
        36秒9  (三番時計 1800mダ 稍重)
持ちタイム  1分51秒2  上がり36秒6  1着
      6・13 3歳1000万下あおぎりS 京都1800mダ  展開10-10 
        (1分47秒8  上がり36秒3  レコード時)
        (1分52秒6  上がり37秒0  2歳レコード時)
診断  小柄な牝馬ながら、ダートに転向して未勝利を勝ち抜けると破竹の
     3連勝。余勢を駆って交流GTに挑戦し、0.1秒差4着に頑張った。
     叩き合いからバーディバーディが脱落する中、馬体を合わせに行っ
     たトーセンアレスには一歩も譲らず競り落とした。進路が定まるまで
     前が壁になったり窮屈になったりしたが、諦めず怯まない勝負根性
     が光っていた。あおぎりSで降した相手が古馬相手の1000万条件
     を勝ち上がり、上昇気流に乗っての再戦となるが、『山椒は小粒で
     ピリリと辛い』、返り討にしそうなド根性娘である。




ソリタリーキング    「診断 ○ 予想2番人気」
前走7・4 3歳以上1000万下鷹取特別54キロ クビ差1着。
56キロ1・1・0・1・0  3歳500万下平場0.2秒差1着、
              3歳OPヒヤシンスSクビ差2着、
              3歳1000万下あおぎりS0.5秒差4着。
基礎脚力  35秒4  タイム1分37秒4  2着
      2・14 3歳OPヒヤシンスS 東京1600mダ 重 展開10-8
        (35秒3  レコード1分34秒6  レコード時)
        (36秒2  レコード1分37秒2  2歳レコード時)
        36秒5  (二番時計 1800mダ 稍重)
持ちタイム  1分51秒7  上がり37秒1  4着
      6・13 3歳1000万下あおぎりS 京都1800mダ  展開10-10 
        (1分47秒8  上がり36秒3  レコード時)
        (1分52秒6  上がり37秒0  2歳レコード時)
診断  基礎脚力35秒台で最右翼。あおぎりSでは出遅れを挽回できずに
     ミラクルレジェンドの4着に敗れたが、ダートの良血馬であり、まだま
     だ勝負付けが済んだとは言わせたくない所だろう。スタートがあまり
     上手くないのが気にかかる。




ミッキーバラード    「診断 ○ 予想3番人気」
前走7・24 3歳以上1000万下天草特別54キロ0.4秒差1着。
56キロ2・0・1・0・1  3歳500万下平場0.2秒差1着・
              3歳未勝利1.1秒差1着、
              3歳1000万下あおぎりS0.4秒差3着。
              3歳OP昇竜S0.1秒差6着。
基礎脚力  36秒4  タイム1分45秒5  1着
      7・24 3歳以上1000万下天草特別 小倉1700mダ 良 展開5-2
        (36秒6  レコード1分41秒8  レコード時)
        (38秒8  レコード1分48秒5  2歳レコード時)
持ちタイム  1分51秒6  上がり37秒5  3着
      6・13 3歳1000万下あおぎりS 京都1800mダ  展開6-3 
        (1分47秒8  上がり36秒3  レコード時)
        (1分52秒6  上がり37秒0  2歳レコード時)
診断  3場メイン総出演で注目の、池江泰郎厩舎の馬。これもまた、牝馬
     ミラクルレジェンドに出来た借りを、キッチリ返したい所だろう。




ビッグバン        「診断 △ 予想4番人気」
前走7・3準オープン灘ステークス53キロ0.1秒差3着。
56キロ0・0・0・0・0  ダート初。(芝0・0・0・0・2)
57キロ0・0・0・1・2  3歳OP昇竜S0.1秒差5着。
              3歳OP伏竜S・ヒヤシンスS・9着。
53キロ0・0・1・0・0  3歳以上準OP灘S0.1秒差3着。
基礎脚力  36秒0  タイム1分50秒3=持ちタイム  3着
      7・3 準OP灘S 阪神1800mダ 不良 展開10-10
        (35秒5  レコード1分48秒5  レコード時)
        (37秒9  レコード1分52秒0  2歳レコード時)
        36秒3  (二番時計 1800mダ 良)
持ちタイム  1分50秒3=上記(不良
二番時計   1分51秒7  上がり36秒3  5着
      5・22 3歳OP昇竜S 京都1800mダ  展開10-10
        (1分47秒8  上がり36秒3  レコード時)
        (1分52秒6  上がり37秒0  2歳レコード時)
診断  年が明けての中央移籍後は、昨年の交流GV北海道2歳優駿勝ち
     による、1キロ増量の斤量57キロが重くのしかかっていたが、前々
     走のOP昇竜Sで0.1秒差5着と、やっと差のない競馬が出来た。
     前走ではハンデ53キロで準オープンクラスの古馬に挑戦し、またも
     勝ち馬に0.1秒差と迫り、3着と好走した。勝ち馬メンデルは次走の
     OP昇級初戦KBC杯で2着に入り、オープンで通用する力のある所
     を見せた。ハナ差差し切って4着に負かしたインバルコもまた、今年
     3月のOP仁川Sで2着しており、準OPへの降級戦でハンデ58.5
     キロを頂戴していた。ここ2戦の好走から見て、56キロなら2つ目の
     タイトルも夢ではなさそうだ。




プレファシオ       「診断 ? 予想5番人気」
前走7・14交流GTジャパンダートダ−ビー54キロ1.8秒差8着。
56キロ2・0・0・0・3  3歳OP昇竜Sアタマ差1着・
              3歳500万下平場0.2秒差1着。
基礎脚力  36秒8  タイム1分51秒6=持ちタイム  1着
      5・22 3歳OP昇竜S 京都1800mダ  展開7-7
        (36秒3  レコード1分47秒8  レコード時)
        (37秒0  レコード1分52秒6  2歳レコード時)
持ちタイム  1分51秒6=上記
診断  昇竜Sは上手くはまったが、現状ではコンスタントに36秒台の脚を
     使って上がれる馬ではなさそうだ。軸馬には向かない。




プレシャスジェムズ   「診断 ? 予想6番人気」
前走7・31準オープン漁火ステークス52キロ2.4秒差14着(1800m芝)。
前々走7・17 3歳以上1000万下駒場特別52キロ0.5秒差1着。
54キロ1・0・1・4・3  2歳未勝利1着。
52キロ1・0・0・0・0  3歳以上1000万下駒場特別1着。
50キロ1・0・0・0・0  3歳以上500万下平場1着。
基礎脚力  36秒8  タイム1分45秒5  1着
      7・17 3歳以上1000万下駒場特別 函館1700mダ 良 展開1-1
        (37秒3  レコード1分43秒2  レコード時)
                         (2歳レコードなし)
        36秒8  (二番時計 1600mダ 良)
持ちタイム  1分53秒5  上がり37秒2  4着
      3・7 3歳500万下平場 中山1800mダ 不良 展開9-6
        (1分48秒5  上がり不明    レコード時)
        (1分52秒7  上がり38秒6  2歳レコード時)
診断  前走は芝の準OPで度外視できる。ダートなら、前々走で古馬相手
     の1000万下特別を、0.5秒千切って逃げ切った様に力を発揮する。
     3走前には4番手から先行抜け出しの競馬で勝っているので、展開
     にも左右されないだろう。課題は54キロの斤量だ。




ロンギングスター    「診断 ? 予想7番人気」
前走6・6 3歳500万下平場56キロ0.6秒差1着。
56キロ1・0・0・1・1  3歳500万下平場0.6秒差1着。
基礎脚力  36秒4  タイム1分38秒5  1着
      11・15 新馬 東京1600mダ 稍重 展開2-2
        (35秒3  レコード1分34秒6  レコード時)
        (36秒2  レコード1分37秒2  2歳レコード時)
        36秒7  (二番時計 1600mダ 良)
持ちタイム  1分57秒7  上がり41秒8  11着
      2・28 3歳500万下平場 中山1800mダ 不良 展開4-5
        (1分48秒5  上がり不明    レコード時)
        (1分52秒7  上がり38秒6  2歳レコード時)
診断  前々走の3.6秒差11着という大敗の原因は何だったのか?不良
     馬場、スタートなどが挙げられるが、もう一つ距離1800mも少なか
     らず影響していたとすれば、今回も苦戦は免れない。500万下を勝
     ち上がったばかりでどこまで抗戦するか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜日「レパードステークス」診断 劇的なる競馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる