劇的なる競馬

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日「北九州記念」結果

<<   作成日時 : 2010/08/16 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10・08・15(日)赤口
北九州記念       結果

リプレイ
2ハロン目には10秒0もある、3ハロン32秒1というアイビスサマーダッシュ
(3ハロン31秒8)と大差ない猛ラップとなった。逃げたケイティラブは直線を
向いた時にはほぼ一杯で、残り200mのハロン棒あたりで後続に飲み込ま
れ始めた。5ハロン54秒8はデグラーティアの前走のラップ(55秒0)より速
い。ラスト1ハロンを11秒7でまとめていればアグネスワールドのレコードと
タイであったが、12秒3かかってしまったのはやはり直線の馬場が荒れて
来ているからの様だ。このハイペースを積極的に追いかけたデグラーティア
は最後まで必死に粘って3着確保寸前であったが、内外の馬場差もあった
であろう、最後の最後にサンダルフォン、ストリートスタイルの外差しに屈し
てしまった。メリッサは五分のスタートから無理せず後方待機。道中周りに
馬のいない楽な追走が出来、直線も上手く前が開いて差し切った。スカイノ
ダンは大外から徐々に内へ入り、終始馬場の良い所を通れていた。3コー
ナーには外の5番手で入り、最内の3番手を進むデグラーティアをマーク出
来る位置取り。直線では国分恭介騎手のダイナミックなフォームで(といって
いいのかどうかあくまでも素人目でだが)追われ、デグラーティアを逆転した。
サンダルフォンは4コーナーで外に進路を取った際、ダッシャーゴーゴーの進
路に影響を与えてしまったがお構いなし。ストリートスタイルは前々走52キロ
で掲示板5着していた。メンバー最速の33秒8で追い込んだ。52キロでなら
メリッサ同様そろそろチャンスがありそうだ。前走ワンカラットにゴール直前で
不利を与えていたダッシャーゴーゴーは、今回は4コーナーで不利を受ける
こととなった。サンダルフォンに外へ押し出されたレディルージュが前に入る
形となり、鞍上が手綱を引きブレーキがかかった。不利がなければサンダル
フォンと併せ馬で上がって来ただろうか?前走の52キロより2キロ増のハン
デ54キロでは、掲示板が精一杯だったのではないか。

『    SS馬券      パズルマにて公開!
     エントリー馬券    〃
     六曜馬券       〃
     出馬表馬券      〃          』

馬名           「診断 軸馬度 予想人気」
枠番馬番        「予想 軸馬度」
              「結果 着順 最終人気」

デグラーティア     「診断  予想1番人気」
4枠8番         「予想 
              「結果 5着 1番人気」
結果  ハイペースを少々深追いし過ぎたか。先行有利のペース、馬場で、
     53キロまでならすぐにでも重賞を勝てる力がある。



レディルージュ     「診断  予想3番人気」
5枠10番        「予想 
              「結果 7着 4番人気」
結果  4コーナーでサンダルフォンに外へ押し出されたのが痛かった。少な
     からず走りのリズムを崩したと思う。




『 特注馬
  「六曜馬券」・「出馬表馬券」より特注馬あり!
  穴馬の掘り起こしにご期待下さい!
  (「パズルマ (PuzzleUma)」にて公開。)  』
     来ました。

「六曜馬券」
2枠3番 アンバー「ジャック」=「赤口」   ↓
2枠4番 メリッサ               サンドイッチ  1着
3枠5番 アポ「ロ」ドルチェ=「ロ」≒「口」 ↑
3枠6番 サンダルフォン           付添馬     3着

「出馬表馬券」
坂口正大厩舎は昨年8枠17番で取消馬を出しており、今年も同じ8枠17番
に入りリベンジ枠を形成した。
  昨年
8枠15番 コスモベル                6着
8枠16番 ラッキーバニヤン            13着
8枠17番 サイキョウワールド 坂口正大厩舎 取消
  今年
8枠16番 ダッシャーゴ−ゴー           11着
8枠17番 ストリートスタイル 坂「口」正大厩舎 4着
8枠18番 スカイノダン                2着




メリッサ         「診断 取り上げず」
2枠4番         「予想 特注馬
              「結果 1着 5番人気」
結果  52キロでは昇級初戦だった昨年のこのレースと、今年のGVCBC
賞で掲示板の5着・4着していた。前走は直線1000mが合わなかったとい
う意見が専らの様だが、54キロも重かった。恵量52キロのチャンスを生かし、
三度目の正直での戴冠。53キロの経験はまだなく未知数で、54キロ以上
では結果を残せていない。今後の課題だ。




スカイノダン       「診断 未知数 予想4番人気」
8枠18番        「予想 特注馬
              「結果 2着 3番人気」
結果  ハイペースを外枠から、デグラーティア マークのレース運びが出来
     る上に、ハンデも1キロ軽いという、逆転するにはこの上ない条件で、
     見事それを実現した。が、大魚を逸した感もある。




サンダルフォン     「診断 取り上げず」
3枠6番         「予想 特注馬
              「結果 3着 6番人気」
結果  昨年ハンデ54キロでこのレースを制し、小倉が余程合っているらしい。
     まるで結果の残せていなかった56キロで、初の馬券絡みを果たした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜日「北九州記念」結果 劇的なる競馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる