劇的なる競馬

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日「KBC杯」診断

<<   作成日時 : 2010/07/23 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10・07・25(日)先勝
KBC杯         軸馬診断

今週も重賞は一鞍のみ。時間的に余裕ができたので、オープン特別「KBC
杯」の「診断」をお届けします。

展開とペース
オープン馬に逃げを戦法とする馬の登録がなく、共に格下のコウジンアルス、
ニューイチトクが先導役となりそうだ。この2頭、昨年8月30日、同じ小倉の
「阿蘇S」に格上挑戦し顔を合わせている。ともに好スタートを切り、コウジン
アルスがメイショウクオリア、ダノンビクトリーを抑え切る為に1コーナーまで
手綱をしごいてハナを取りに行き、結果的に最後は末を失くして7着に沈ん
だ(ハンデ52キロ)。ニューイチトクはコウジンアルスが手綱をしごいて行く
のを見てすぐに控え、道中は3〜4番手でレースを進め、最後は3着もあり
そうな粘りを見せ4着に頑張った(ハンデ55キロ)。コウジンアルスの方は
自己条件を挟んだ2走前に「KBC杯」にも挑戦していて(今年出走すれば
2年連続出走)、この時はほかに先手を取りたそうな馬もなく楽にハナに立
つと2着に粘り込んだ(別定55キロ)。今回はコウジンアルスが楽にハナに
立ちニューイチトクも楽に2番手追走という展開が濃厚だ。ゆったりした流れ
から2頭の前残りという場面もありそうで、他馬も前目に付けて早めに仕掛
けられる馬が有利となる。そうはさせじと冒険覚悟で競りかける馬が現れた
時に、展開は流動的になるが、果たして・・・。

軸馬資格
1.休み明け(中12週以上)でない、
2.前走オープン特別以上で掲示板(5着以内)、
3.今回と同斤以上のオープン特別以上で掲示板の好走歴がある、
4.人気馬(単勝10倍未満)である。

  斤量実績はダートの古馬オープン特別以上が対象(例外は明記)。
  1・2・3・4,5着・着外

馬名           「診断 軸馬度 予想人気」

マイプリティワン    「診断 ? 予想1番人気」
前走7・11GVプロキオンステークス56キロ1.8秒差13着。
56キロ0・1・0・0・1  OPエニフS0.3秒差2着。
              GVプロキオンS1.8秒差13着。
小倉  0・0・0・0・1  OP阿蘇S54キロ0.5秒差6着(オープン昇級後)。
1700m0・0・0・0・1     〃
小倉  4・0・0・0・0    (条件戦)
1700m4・0・0・1・3    (条件戦)
診断  2.に該当せず。全5勝中4勝を小倉の1700mダートで挙げており、
     人気は必至だろうが、すべて条件戦でのものであり鵜呑みにはで
     きない。小倉1700mダートで唯一の着外が昇級初戦だった昨年
     の「阿蘇S」だ。条件戦では何とかなってもオープンでは敗れた原
     因を後方からの差しというその脚質に求めることは可能だ。スロー
     が予想される今回も、差して届かず、に終わる可能性の方が高い。
     たとえ人気でも軸馬はどうか。




マルブツリード     「診断 △ 予想2番人気」
前走4・25GVアンタレスステークス56キロ1.0秒差10着。
57キロ0・0・0・1・1  GU東海S0.2秒差5着('08)、
              GTジャパンカップダート2.0秒差16着('09)。
小倉  2・0・0・0・0  OP KBC杯55キロ0.6秒差1着・
 (全実績)       OP阿蘇S56キロ0.3秒差1着。
鉄砲実績1・0・0・2・0 OP KBC杯55キロ0.6秒差1着('09・07)、
 (オープン再昇級後) OPトパーズS56キロ0.5秒差4着('08・11)、
               GVマーチS56キロ0.6秒差5着('10・03)。
診断  1.2.に該当せず。昨夏、新潟の「関越S」を挟んで、小倉ではオー
     プン特別を連勝した。ともに好位追走から残り600mのハロン棒の
     3コーナー付近で動き出し、ゴールでは後続にセーフティーリードの
     差を付ける完勝だった。昨年と同じ休み明けで、昨年より重い57キ
     ロで臨む訳だが、休み明けもそれなりに動けるし、57キロでもGU
     5着がある。脚質も含め、マイプリティワンよりもこちらの方が軸馬と
     して食指が動く。




オープン馬に確固たる軸馬候補が不在の顔ぶれだけに、出馬表次第で
昇級初戦馬に白羽の矢が立つことも。

メンデル         「診断 △ 予想3番人気」
前走7・3準オープン灘ステークス56キロ クビ差1着。
56キロ0・0・0・0・0  オープン昇級初戦。
56キロ  1・0・1・0・1  (準オープン)
57キロ  0・1・0・0・3  (準オープン)
58キロ  0・0・1・0・0  (準オープン)
小倉  1・0・0・0・0  (条件戦・1700m)
1700m 2・0・0・0・0  (条件戦)
診断  2.に該当せず。3.が未知数。位置取りが後ろになり過ぎない事が
     好走の条件として求められる。




アドマイヤマジン    「診断 △ 予想4番人気」
前走6・19準オープン安達太良ステークス57キロ0.1秒差1着。
56キロ0・0・0・0・0    古馬オープン初。
56キロ3歳戦0・0・0・0・1  OP端午S1.5秒差7着。
57キロ  1・1・0・1・3    (準オープン)
小倉  0・0・0・0・0    初。
1700m 2・1・0・0・1    (条件戦)
診断  2.に該当せず。3.が未知数。比較的前に付けて36秒台で上がる
     競馬が出来る。メンデル以上に3着以内が有り得そうだ。




ニューイチトク      「診断 注 予想?人気」
前走3・28準オープン名古屋城ステークス57キロ0.8秒差8着。
55キロ0・0・0・1・0  OP阿蘇S0.4秒差4着。
診断  1.2.に該当せず。準オープンの身ながら昨夏同様展開利に注意。




コウジンアルス     「診断 注 予想?人気」
前走7・3準オープン灘ステークス53キロ0.7秒差7着。
55キロ0・1・0・0・0  OP KBC杯0.6秒差2着。
診断  2.に該当せず。準オープンの身ながら昨夏同様楽逃げ粘りに注意。




クリーン         「診断 穴 予想?人気」
前走6・12オープン ブリリアントステークス54キロ0.7秒差6着。
56キロ0・0・1・2・3    交流GV佐賀記念1.0秒差3着('09・2000m)、
                OP仁川S0.3秒差4着('10・2000m)、
                OP仁川S0.3秒差5着('09・2000m)。
56キロ3歳時0・0・1・0・1  OP伏竜S0.4秒差3着。
小倉  0・0・0・0・1    (古馬オープン)
1700m0・0・0・0・1    (古馬オープン)
小倉  1・1・1・0・0    (条件戦)
1700m1・2・1・0・0    (条件戦)
診断  2.は準クリア。おそらく4.に該当せず。小倉、1700mとも良績は
     条件戦時代に、オープンでの好走は距離2000mに限られている
     が、安定して36秒台で上がれる末脚はここでは上位の存在。近2
     走比較的前で競馬しており、一発嵌る可能性は有る。




セレスハント      「診断 穴 予想?人気」
前走7・11GVプロキオンステークス56キロ1.4秒差6着。
56キロ0・2・1・0・7  OP大和Sアタマ差2着・
              OPすばるS0.2秒差2着、
              OPギャラクシーS0.4秒差3着。
1600m0・0・0・1・2  OPオアシスS55キロ0.5秒差4着、
 (オープン)      3歳OPヒヤシンスS56キロ1.4秒差6着、
              GV武蔵野S56キロ1.4秒差12着。
1600m1・0・0・1・0  (条件戦)
診断  2.は着順は準クリアでも着差が付き過ぎだが。おそらく4.に該当
     せず。小倉、1700mとも初めてである。距離は1600mでそこそこ
     やれており、気楽な立場での初距離克服に注意。




トーホウアタック    「診断 穴 予想?人気」
前走7・11GVプロキオンステークス56キロ1.9秒差14着。
56キロ0・0・0・0・1  GVプロキオンS1.9秒差14着。
57キロ 1・0・0・0・2  (準オープン)
54キロ 0・0・1・0・1  (準オープン)
小倉  1・0・0・0・0  (条件戦・オープン初)
1700m4・0・1・0・2  (条件戦・オープン初)
診断  2.4.に該当せず。3.は前走が距離不向きだった為度外視可能。
     2100mのOPブリリアントSを取り消して、前走のGVプロキオンS
     までオープンデビューがずれ込んだ。初距離の1400mは距離不足
     だった感は否めない。全5勝中4勝を1700mで挙げているのは、
     今回人気のマイプリティワンと変わらないし、前走も0.1秒差の13
     着と14着である。小倉での勝ち鞍が4勝対1勝で、オープン特別で
     2着が1度あるのとないのとの差で、これだけ人気に差が付くのなら、
     人気のない方をマークしない訳にはいかない。適距離でアッと驚く
     一変を見てみたい。




チャームナデシコ    「診断 穴 予想?人気」
前走6・20GVマーメイドステークス53キロ2.6秒差16着(2000m芝)。
54キロ牝馬戦0・0・0・1・0  交流GVTCK女王盃0.5秒差5着。
53キロ対牡馬0・0・0・0・2  OP11・15着。
小倉     0・2・1・0・0  (条件戦・オープン初)
1700m    2・1・3・1・1  (条件戦・オープン初)
診断  2.4.に該当せず。対牡馬戦は53キロでも分が悪いが、得意な条
     件での変わり身に注意。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜日「KBC杯」診断 劇的なる競馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる