劇的なる競馬

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日「ダービー・目黒記念」結果

<<   作成日時 : 2010/06/01 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

関係者の方々には申し訳ないが、何か少し地味な感じのダービー馬の誕生
になったなというのが、レース直後の感想だった。何故なのかはその場では
深く考えずに済ませてしまった。帰宅して数字を確認して驚いた。走破タイム
はペルーサの青葉賞より2秒以上遅い。が、上がり3ハロンのタイムに驚嘆
した。並みの馬ではない。それどころか、並みのダービー馬ではないと認識
が改まった。その実力は今後ますます発揮されていく事と思う。で、レース直
後に何故地味な感じがしたのかについても分かったのかというと、それはま
だだった。やっと今、ダービーの回顧を書き始めて気が付いた。何のことはな
い、人気が地味だったのだ。過去10年、ダービー馬は1番人気の馬が7頭、
2番人気が1頭、3番人気が2頭と、レース前から注目の集まっていた馬たち
がダービー馬の称号を得ていた。その傾向はもう少し遡り、単穴的人気の馬
がダービー馬として歴史に名を刻んだのは、1997年のサニーブライアン(6
番人気、単勝1,360円)までない。単穴といっても皐月賞馬である。つまり2
冠馬だ。人気薄で逃げ切った皐月賞をフロック視され、ダービーではその逃
げ脚質が不安視され嫌われていたのだ。その前の単穴的人気のダービー馬
は、前年の1996年の、フサイチコンコルド(7番人気、単勝2,760円)である。
キャリア3戦目のダービーを勝ったダービー馬として、人々の記憶に新しい。
これ以上歴史を遡ることはしないが、何を言いたいのかといえば、この両馬と
も、今その名を聞いたり目にしたりすれば、特に地味な感じなど受けず、しっ
かりダービー馬としてその輝かしさを発しているという事だ。エイシンフラッシュ
もまた、歴代ダービー馬の1頭として、時を経るにつれその名の輝かしさを増
していくに違いないし、これだけの脚の持ち主であれば、これからまだ自身の
その脚で、その名を輝かせて行くに違いないと、今は楽しみに思っている。



10・05・30(日)友引
ダービー        結果


「SS馬券」           「パズルマ」にて公開!
「エントリー馬券」          〃
「六曜馬券」             〃
「GTプレゼンター馬券」      〃
「GTスポーツトピックス馬券」  〃


軸馬候補        「診断 軸馬度 予想人気」
枠番馬番        「予想 軸馬度」
              「結果 着順 最終人気」

「六曜馬券」から、4枠を絶対の軸枠と判断。

ヴィクトワールピサ   「診断  予想1番人気」
4枠7番         「予想 
              「結果 3着 1番人気」
結果  上がり3ハロン33秒1。今まで1度も33秒台を記録していなかった
     が、やはりこの位の脚は使える馬だ。皐月賞程切れなかったという
     見方もある様だが、それは相対的な見え方で、数字的には充分切
     れている。32秒台の驚異の脚を使った前の2頭を褒めるべきだろう。
     それよりも、3着もないかとヒヤリとした場面で、ゲシュタルトを抑え
     切った底力・勝負根性はさすがだった。4歳時のジャパンカップで、
     マツリダゴッホを捻じ伏せて3着を確保したウオッカを思い出し、負け
     て強しを再認識、感動すらした。結果的に負けてしまったのは、イン
     でじっとしていることにこだわり過ぎたからではないか。向正面の3
     コーナー手前あたりで、外の4番手にいたトゥザグローリーが上がっ
     て行った時に一緒に上がれていたら、前が壁になることもなく早め
     のスパートで、突き抜けることもできたのではないかと思う。トゥザグ
     ローリーが上がって行った時、外には続いてゲシュタルト・ルーラー
     シップが上がり始め、前にはコスモファントムがいて、一緒に動いて
     行くスペースがなかったのか我慢したのか、インに押し込められる
     感じになり位置取りを下げたのが痛かった様に思う。さて、春はこれ
     でおしまいだろう。宝塚記念で古馬に挑戦して欲しい気もするが、今
     後の活躍は約束されている。焦るまでもないか。ところで、ダノンシャ
     ンティが出走していたらどうなっていただろう。この上がりの速さから
     して、エイシンフラッシュ・ローズキングダムと、32秒台の脚比べをし
     ていたかもしれない。そうなると、4着に負けていたかもしれないの
     だが・・・。

ローズキングダム   「診断  予想6番人気」
4枠8番         「予想 
              「結果 2着 5番人気」
結果  やはり力のある馬だ。上がり32秒9にも恐れ入った。直線坂上では
     いち早く抜け出して勝ちそうに見えたが、そこからエイシンフラッシュ
     の天馬の如き走りにあった。2歳王者として、今後も先輩のドリーム
     ジャーニー的活躍で、今一度一族にGTタイトルをもたらす日も来る
     のではないか。




「GTプレゼンター馬券」・「エントリー馬券」が炸裂!

エイシンフラッシュ   「診断 相手 予想8番人気」
1枠1番         「予想 ―」
              「結果 1着 7番人気」
結果  驚異の上がり3ハロン32秒7。タイムが2分26秒9で、これまでの
     エイシンフラッシュの上がりの持ちタイムから推しても、上がり時計
     がここまで速いとは思いもよらなかった。とんでもない能力を秘め
     ていたものだ。上がり33秒台を計時していなかったのは、馬場状
     態の差があったからだろうか。それでもメンバー最速の上がりは
     再三の様に記録していた。その辺に、秘めたる能力の高さを示す
     ヒントはあったのかも知れない。




ペルーサ        「診断 未知数 予想2番人気」
5枠9番         「予想 ―」
              「結果 6着 2番人気」
結果  青葉賞の33秒8を上回る上がり33秒3。となるとやはり、スタートの
     立ち遅れで後方からの競馬を余儀なくされたことが痛かったか。もう
     一つ、初めての57キロが微妙に脚色を鈍らせていた様にも思う。こ
     れから慣れて行けば大丈夫そうだが。

ルーラーシップ     「診断 未知数 予想3番人気」
2枠3番         「予想 ―」
              「結果 5着 4番人気」
結果  直線を向いた所では外にエイシンフラッシュ、内にヴィクトワールピサ
     と並んでいたが、坂を登りながらも加速し、坂を登り切って平らになっ
     たあたりで、瞬時にもう一段ギアを挙げた両馬に突き離された。ゴー
     ル前、もう一度差を詰めてペルーサを交わしたあたりに素質の高さ
     は見える。まだまだこれからの馬だろう。





目黒記念        結果


「SS馬券」        「パズルマ」にて公開!
「エントリー馬券」       〃
「六曜馬券」          〃


軸馬候補        「診断 軸馬度 予想人気」
枠番馬番        「予想 軸馬度」
              「結果 着順 最終人気」

トップカミング
7枠9番         「予想 
              「結果 9着 1番人気」
結果  上がり33秒2、メンバー最速。先行馬がバテずに粘れるペースでは、
     力は出したが最後方からではとても届かなかった。直線を向いてか
     ら内へ外へと進路を探す場面はあったが、大外に進路を定めてから
     は真っ直ぐ走っていた。ただ、他馬と比べてみると気が付くのだが、
     他馬が前を向いて走っているのに対し、内埒側を向いて姿勢が僅か
     だが斜めになっている様に見える。気のせいだろうか。今回斜行せ
     ずに済んだのは、勝ち負けからは遠い位置の走りで馬がエキサイト
     しなかったからかも知れない。勝ち負けの場面になると馬が喜び勇
     んで夢中になってしまい、そうすると自然に体が向いている方向へ
     走ってしまうという事があるのかも知れない。おそらく今後も、関係
     者は苦労が絶えないのではなかろうか。

モンテクリスエス
6枠7番         「予想 
              「結果 8着 3番人気」
結果  上がり33秒4.。馬群に取り付いてはいたが後方2番手。トップカミン
     グ同様、追込み馬に不利なペースでは善戦もこれが精一杯。



特注馬
ナイアガラ
7枠10番        「予想 特注馬」
              「結果 11着 10番人気」

ピエナグッドラック
5枠6番         「予想 特注馬」
              「結果 10着 11番人気」



もう1頭の最軽量51キロだったイケドラゴン。準オープン昇級後の2戦は掲
示板にも載れず、近走逃げた事がある訳でもない馬が突然の逃げ戦法で、
まんまと2着に粘った。2番手のミッキーペトラ(55キロ)、3番手のアルナス
ライン(58キロ)が、小差ではあるが粘り切れずに6着・5着となったのは、
正にハンデの違いが明暗を分けた結果だろう。丸山元気君の思い切りのい
い騎乗ぶりにも、脱帽。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜日「ダービー・目黒記念」結果 劇的なる競馬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる